車両保険の金額はどうやって決まるの?

車両保険の保険金額は、たとえば対人・対物賠償保険のように、自由に金額を決められるわけではありません。ではどうやって車両保険の金額が決まっているかというと、契約車両の年式や車種によって変わる「時価額」によって、保険会社のほうで設定しているのです。

たとえば80万円の時価額しかないクルマに300万円もの保険金額を設定することは出来ないということです。そして時価額と言うぐらいですから、クルマの価額は年々下がっていきます。つまりその分だけを見れば保険料も下がっていくと言うことです。

また車両保険の金額を決める要素にはもうひとつあります。それは車両料率クラスと言われるもので、車種によって9つのクラスに分けられています。車両料率は1がいちばん安く、9クラスが最も高いのですが、最も保険料が高くなるのは、高級スポーツカータイプで、修理代が高く、統計的に見ても事故を起こしやすいクルマほど料率クラスが高くなり保険料も高くなります。反対に軽自動車などは修理代も比較的安く済みますので、車両料率クラスは1で、保険料も安くなります

なおクラス1とクラス9とでは、約4倍もの料率の違いがありますから、かたや2万5千円ぐらいの車両保険が、クルマによっては10万円ぐらいになると言うことです。クルマが好きな人なら良いでしょうが、あんまり良いクルマを選らんだばかりに、かなり高い保険料を負担しなければならないこともありますから、新しいクルマを買うときは、車両料率も確認しておいたほうが良いかも知れませんね。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る