車両保険って必要なの?

車両保険を外して自動車保険を契約する方もいますが、車両保険は本当に必要なものなのかと考えてしまう方もいることでしょう。

たとえば年齢の若い方は、どうしても自動車保険料が高くなってしましますので、保険料を安くするために車両保険を外す方が多いようですが、二、三十万円ぐらいの格安中古車に乗っているのならまだしも、新車や、修理代が高くつく輸入車などを乗るのであれば、万一事故を起こして修理することになるとすると、かなりの実費負担となり大変です。

事故を起こす確率は低いとしても、車両保険に入っていなかったがために、ローンを組んで修理代を調達することになると、クルマのローンも返済していた場合は月々の返済負担は結構重いものになります。

またクルマの運転をほとんどしないからということで、車両保険を外す方も多いでしょうが、少しでも運転するということであれば、事故を起こす確率はゼロではありません。そのように考えると、車両保険が必要じゃない人というのは、万一事故を起こした場合でも、クルマの修理代ぐらいは現金で用意できるという方か、乗っているクルマが古くて、修理するようなことになったら、新しく乗り替えるつもりでいるという方ぐらいではないでしょうか。

車両保険は、保険金額は自分で決められませんが、補償範囲はある程度自由に設定できます。免責をつけて、保険を使わないで自己負担する分を多くすることも保険料を下げる方法のひとつですし、補償範囲を車対車の事故だけに限定することでも、保険料を下げることができます。

それでも車両保険をつけないということもあるでしょうが、その場合は本当にセーフティドライビングに徹するようにしていただきたいものです。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る