車両保険の免責金額について

車両保険の免責金額とは、修理代の自己負担分のことです。車の事故をおこした場合、車両保険をかけておくと、修理代に保険金が充当されますが、保険契約時に免責金額をつけておくと、修理代全額を保険で支払うのではなく、免責金額を差し引いた分が保険から充当されることになります。

たとえば免責を10万円つけておくと、修理代の見積もりが50万円ででてきた場合、自分で10万円を負担して、40万円を保険から支払うことになります。

車両保険に免責をつけておくと、保険料が少し安くなります。また免責を少しでもつけておくと、万一事故をおこしたときに自己負担分があるということから、運転に対して慎重になります。運転をはじめて間もないころは、軽微な事故はどうしても起こしやすいので、全額保険支払にしておいたほうが良いかも知れませんが、ある程度経験を積んで安定した運転が出来るようになったら、車両保険は免責をつけておくべきかも知れません。

また数万円程度の修理代なら、免責で自己負担しておいたほうが、等級がダウンしないで済みます。自動車保険は、保険を使わないほど、優遇される仕組みになっていますので、その点でも免責はつけておくと良いでしょう。

なお車対車の事故の場合に限り、保険期間中はじめの事故において免責部分の負担が免除される特約もありますので、必要に応じて検討してみてください。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る