車対車(エコノミー)とは

エコノミーという車両保険は、その名の通り最も保険料が割安になる自動車保険です。その分補償範囲は、車対車、二輪・原付との衝突・接触事故に限られます(一般車両保険のように自転車との衝突・接触は含まれません)。
ある程度運転に慣れて、安全運転ができると言う自信がある方や、自損事故、電柱にぶつかったり、いたずらされた時の損害に関しては、自腹で修理代を捻出する覚悟のある方は良いでしょうが、補償範囲が限定的だということは十分認識しておきたいところです。

ただしいっぽうで、なんでもかんでも保険を使っていては、自動車保険の等級を下げるばかりです。安全運転に気を遣って、車の管理をしっかり行なえば、それほど頻繁に事故に見舞われることはないともいえます。
その意味では、エコノミーを選択することは決して無謀な選択とは言えません。ただし、車両保険としては、一般車両保険を選択している方が多いということはおぼえておきましょう。

車両保険をエコノミーにすると、自動車保険全体での保険料はどのぐらいになるのか気になるところでしょう。
同じ自動車保険で、車両保険の補償パターンを一般とエコノミーとで比較すると、もちろんエコノミーが安くなることは間違いありません。ただしその違いがどの程度の差になるのかが、保険契約者にとってはいちばん知りたいところでしょう。

更新までに比較検討をするのなら、一括見積もりサービスを利用することで、いちばん正確なデーターで比較することができます。非常に便利なサービスですから、一度使ってみることをおすすめします。通販の自動車保険なら、その場でウェブブラウザ上にて確認できます。代理店型の自動車保険の場合は、郵送にて見積書が送られてくるものもありますので、時間的に余裕をもって検討を進めておきましょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る