どの車両保険に加入すべきか?

車両保険には補償内容によって、「一般車両保険」、「車対車+A」、「エコノミー」の3タイプにわかれ、それぞれ保険料の金額が変わってきます。そのため、どの車両保険に加入すれば良いかは悩むところだと思います。

はじめて自動車保険に加入する方の場合、運転免許を取得して間もない時期かと思います。運転経験が少ないと、どうしてもありがちなのが車を擦ってしまったり、車庫入れの際に塀にぶつけてしまうことです。なので運転歴が浅い方は自損事故を補償してくれる一般車両保険に入っておいたほうが良いでしょう。 自分で痛い思いをすると、自然と慎重に運転するようになりますので、そうしたら自損事故を外しても良いかも知れません。

また運転歴が長い方でも、人気の高い車や、高級車に乗っている場合、車に悪戯される危険性が高くなります。すでに運転歴が長く、自損事故を起こす心配がなくても、不意の災難には備えておきたいところです。一般車両保険でも良いですが、車対車+Aでも、悪戯行為、落書きなどによるクルマへの損害をカバーできます。そこそこ良いクルマに乗っている方なら、最低でも車対車+Aの車両保険にしておいたほうが良いでしょう。

では古いクルマで、そろそろ乗り替えることも考えているという場合はどうでしょうか。クルマの古さにもよりますが、車両価額自体がかなり少なくなっていることもありますので、その場合は車両保険を外してしまうか、エコノミーにしてクルマ同士の事故だけお補償に限定してしまっても良いでしょう。修理するぐらいなら、もう新しいクルマに乗り替えるという考えでいるのなら、高い保険料がかえって無駄になってしまうからです。

クルマの状況や運転者の年々変わっていくものですが、幸い自動車保険は毎年見直しが効く保険でもあります。ずっと一般車両保険で通す必要もありませんし、一度エコノミーにしたらずっとエコノミーで通さなければいけないということもありません。逆に言うと、毎年自分の運転環境に合わせて、車両保険の補償内容を見直するのが賢い保険の利用方法かと思います。

ただし、その際に気を付けて頂きたのが車両保険の保険金額です。 「車両保険の金額はどうやって決まるの?」でも説明しましたが、車両保険の保険金額は車の年式や車種によって変わる「時価額」によって、保険会社のほうで設定しています。クルマの価額は年々下がっていきますので、その分保険金額も下がっていきます。これを知らないで、300万円で購入した車だから300万円の保険が下りると思ってしまうと、実際に事故にあった時に取り返しのつかないことになってしまいます。

ですから、車両保険を見直す際は、必ず保険会社に問い合わせて保険金額を確認するようにしてください。今は、インターネットで複数の会社に一括見積もりできるサービスがありますから、それほど手間をかけずに簡単に保険金額を確認するこごができます。しかも、複数の会社の保険金額を比較することができますので、今入っている保険よりも安い保険料の保険会社を見つかる可能性もあります。

私も一括見積もりサービスを利用しております。
私が利用しているのは、【インズウェブ】という一括見積もりサービスです。

「インズウェブ」は、最大20社の自動車保険の保険料を無料で比較できるサービスなので、どの会社の保険が一番安いのかが一目瞭然です。電話などの勧誘もないので、今の保険に満足していない方や保険の相場を知りたい方は、無料なので試しに利用してみてはいかがでしょうか。

【インズウェブ】はこちらをクリック

車両保険の見積もりを、一括見積もりサービスで出すときは、車検証や免許証を手元に置いておきましょう。
保険会社によっては見積もり結果が郵送やメールで送られてくるものもありますが、通販タイプの自動車保険の場合はすべてブラウザ上ですぐ確認できます。また補償内容を変更して何パターンか見積もりを出しておいて保存しておくことも可能です。他社の見積もりを出して比較して、じっくり決めることができるので、かなり便利ですよ。

車検証と免許証の準備ができた方はこちらをクリック