水害に対する車両保険の補償

車両保険に加入していると水害によるクルマの損害も補償されますが、水害が補償されるのは一般車両保険とエコノミーワイドとも言われる車対車+Aという契約の車両保険のであって、車対車の事故による補償だけをカバーしたエコノミーについては、水災は担保されていません。

水災による車の補償にも備えておきたい方は、車両保険に加入するのはもちろんですが、一般車両保険か車対車+Aの車両保険を選んでおきましょう。

クルマのボディは空から降る雨ははじいてくれますが、浸水してボディの半分以上、またすべて水没してしまうと、車内やトランクが水浸しになるだけでなく、エンジンや動力部分にまで水が入り込み、機械がショートすることもあるでしょうし、さび付いてしまってクルマとして使えなくなってしまいます。

一般車両保険か車対車+Aに加入していれば、こうした水没によって被害を受けたクルマの修理やクリーニング、新しいクルマへの買い換えの費用を、一定の被害額に応じて補償されます。予算が許せばこうした車両保険には加入しておきたいものです。

なお一般車両保険や車対車+Aであっても、原因が水災であっても補償されない事案もありますので注意しなければなりません。

たとえば、河川の氾濫や鉄砲水によって流木などがクルマにあたって、損害を受けるということがありますが、「河川の氾濫による」という因果関係が認められる場合には補償の対象となりますが、その因果関係が認められない場合は、補償されません。また鉄砲水の場合の、流木等との接触事故は補償されないのです。

また河川の氾濫や鉄砲水によって、クルマとクルマが衝突した場合は、相手方の氏名、連絡先、登録番号が確認出来るときのみ補償されますが、この情報が確認出来ない場合は補償されません。

ひどい災害時では、こうした因果関係が証明できないことから、補償を受けられないこともあるということは頭に入れておく必要があるでしょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る