竜巻に対する車両保険の補償

竜巻というと、最近では群馬県の館林でおきた竜巻が思い出されます。地球温暖化の影響からか、最近では、これまでの経験にない異常気象が頻発しています。夏から秋にかけてのゲリラ豪雨は、もう珍しいものではなくなりました。そして竜巻という現象も今後さらに増えてくるかも知れません。

館林でおきた竜巻ではクルマが宙に浮いて、地面に叩き付けられ、窓ガラスがすべて割れてしまうという被害がテレビなどでも伝えられましたが、こうしたことが今後群馬県以外の地域でもおこる可能性があると考えて良いのではないでしょうか。

竜巻によって自動車が損壊した場合、車両保険に加入していれば、損害に応じた補償を受けることができます。ただし竜巻による損害をカバーするには、車対車の事故だけを補償するエコノミープランン以外の車両保険に加入していなければなりません。それは一般社車両保険と、車対車+Aという車両保険になります。車対車+Aという車両保険はワイドエコノミーとも言われますので、エコノミープランと混同しないように注意してください。

この車対車+Aという車両保険は、最も補償範囲の広い一般車両保険から当て逃げ事故と自損事故による補償を外した車両保険です、竜巻などのアクシデントへの補償は、一般車両保険も車対車+Aも全く同じ対応を受けることができるわけです。

なお一般車両保険と車対車+Aは、台風など、その他の自然現象系の惨事によるクルマの損害にも対応していますが、地震や地震による津波による損害は補償対象外となります。つまり自動車保険では、地震に関連した損害は補償されないということですので、おぼえておきましょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る