ソニー損保の車両保険 特徴

ソニー損保の自動車保険は、今や絶大な人気を誇る通販自動車保険となりました。見積もりをかけても、相対的に保険料は安く算出されます。標準的な走行距離のドライバーなら、ほとんどの方が納得のいく保険料になると思いますので、ダイレクト自動車保険を考えている方には、幅広くおすすめできます。

ソニー損保の車両保険は、非常にシンプルで一般車両保険とエコノミー+A(車対車+A)の2プランだけの構成です。ソニー損保では出来るだけ一般車両保険で車両保険をつけておくことを推奨していますので、ソニーの自動車補保険を検討するのなら、一般車両保険で車両保険を考えておいたほうが良いでしょう。

ソニー損保のホームページでも謳われていますが、車両保険のメリットは、事故の過失割合に関わらず、保険金が先に支払われる点にあります。たとえば任意保険に加入していないクルマに衝突されたり、相手方との過失割合にういてなかなか合意に至らないため、相手方から賠償金が支払われないケースでも、クルマの修理にスムーズに着手できます。そしてこの車両保険のメリットを十分に生かすには、一般車両保険に加入しておいたほうが良いのです。

なぜなら、車対車+限定Aでは、相手方の登録番号などが確認出来ないと、補償手続きが進まなくなってしまうからです。ソニー損保が一般車両保険を選択することを推奨しているのはそうした理由もあります。

「どうせ車両保険をつけるのなら、車両保険の本来のメリットが享受できる一般車両保険が良いですよ」というのがソニー損保の考え方ということですね。
ウェブ見積もりで、両方を比較しても、等級が極端に悪いということでもなければ、大きな差額にはならないはずです。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る