東京海上の車両保険 特徴と評価

東京海上は、自動車保険の保有契約でトップの座に君臨する、国内際大手の損害保険会社です。東京海上の自動車保険は「オータルアシスト」と言い、補償内容も基本補償と自動セットになるロードアシストが組み合わされてかなり充実した補償・サービスを受けることができ、車の利用頻度の高いドライバーにおすすめ出来る自動車保険と言えます。

東京海上の車両保険も、基本補償は一般車両保険とエコノミーと呼ばれる車対車+限定Aに相当するものの2つのプランから出来ています。これら基本補償は、通常の車両保険と同じ内容ですが、東京海上の場合、これにプラスして各種ロードアシストが自動セットされています。

ただしこのロードアシストは、その他の自動車保険で言うところの、ロードサービスと同じと考えてもらえれば良いもので、それが東京海上の場合、非常に充実していて、実際に使う頻度が高いサービスが多いということになります。

さらに特約として、車両全損時諸費用補償特約、車両新価特約が用意されていますので、余裕があれば検討してみると良いでしょう。

車両全損時諸費用補償特約は、契約車両が全損となった場合に、車両保険の保険金額の10%に相当する額を、1事故について20万円を限度とし、全損時諸費用保険金が受け取れるというものです。

なお全損とは、車の修理費が保険金額以上となる場合、また車が盗難されて発見されなかった場合、車が修理できない場合のことです。

車両新価特約は、新たに購入したご契約車両が、事故(盗難を除く)により大きな損傷を受け、新車に買い替えた場合等に、実際にかかる新車再購入費用等を「協定新価保険金額」を限度に保険金が支払われる特約です。また新車を購入し、新価払で車両保険金が支払われた場合に、再取得時諸費用保険金も支払われるという内容になっています。
購入したばかりの車の車両保険には、つけておくと安心な特約と言えるでしょう。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る