三井住友海上の車両保険 特徴と評価

三井住友海上は、あいおい損保、ニッセイ同和損保と経営統合を果たし、MS&ADという損保グループとなり、2010年現在国内最大級の損保グループとなりました。

三井住友海上の自動車保険は「GK」と言います。この自動車保険は、大きく3つの補償プランから構成されていて、車両保険もその3つのプランから成っています。
この3つのプランというのが「基本プラン」「標準プラン」「充実プラン」です。

基本プランの車両保険は車両保険のみ、標準プランは車両保険と全損時諸費用特約の組み合わせ、充実プランは車両保険に全損時諸費用特約、全損時諸費用倍額払特約、車両保険無過失事故特約が組み合わされています。

それぞれのプランの車両保険は、標準が一般車両保険で、車両危険限定特約をセットすると、自転車との接触・衝突、自損事故、当て逃げ事故、墜落・転覆事故が補償から外されて車対車+限定Aと同じ補償内容になります。つまりどの保険プランでも、一般車両保険の充実補償か車対車+限定Aの限定補償かを選択でき、それに各特約をつけるかつけないかを選択することになります。

全損時諸費用特約は、契約車両が全損となった場合に必要な諸費用が支給されるもので、全損時諸費用倍額払特約は、その諸費用が倍支払われるというもの。そして車両保険無過失事故特約は、一方的に追突された場合など、過失がない事故について、保険金が支払われても、次年度の等級が変わらない特約です。

分かりやすさ、選びやすさを追求したのが、三井住友海上の車両保険と言えるのではないでしょうか。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る