あいおい損保の車両保険 特徴と評価

あいおい損保はニッセイ同和損保と合併後、三井住友海上との経営統合により、国内最大の損保グループMS&ADの一員となりました。

現在のあいおい損保の自動車保険は「クルマの保険 TOUGH(タフ)」と言います。それではあいおい損保の車両保険についてみていきましょう。

あいおい損保の車両保険は一般車両保険に該当する「一般補償」と、車対車+限定Aに該当する「限定補償」の2つの契約パターンから選択することになります。

限定補償のほうは自損事故と当て逃げ事故、墜落・転覆事故が補償から外れます。また車対車の事故の際も、相手方の自動車とその所有者が確認出来る場合に限定されますので、あいおい損保では、車両保険について一般補償での契約を推奨しています。限定補償を選択する場合は、上記の補償対象外事故についてきちんと理解した上で契約するようにしてください。

なお、あいおい損保の車両保険を契約すると、2つの特約が自動セットされます。そのひとつが、契約時の「市場販売価格相当額」を価額として協定し、車両保険金額が定められ、保険期間中の経年減価にかかわらず、協定した価額を限度に保険金が支払われる「車両価額協定保険特約」です。

もうひとつが、契約車両が偶然の事故により、全損となった場合や、盗難されて発見されなかった場合、保険金が支払われる際に同時に支給される「全損時諸費用保険」です。他社では、任意付帯となるかオプション付帯となることがありますが、あいおい損保の車両保険ではこれらが自動セットとなる点に注目しておくと良いのではないでしょうか。

自動車保険の一括見積もりサイトで保険料が半額になった私の体験談

自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も56,160円の保険料を年間で支払っていますが、正直この不景気ですと年間とはいえ5万円の出費は痛いです。 そこで私はインズウェブという一括見積もりサイトを利用して、56,160円の保険料を28,930円まで安くすることに成功しました。

現在、インズウェブはキャンペーン中で一括見積もりを行うと、もれなく500円分のマックカードがもらえます。詳しくは私の体験談をご覧ください。

もっと詳しく見る